冷媒の地球温暖化係数 (GWP) を提示しているIPCCとは?

一般的に、それぞれの冷媒には地球温暖化係数(GWP= Global Warming Potential)の値が記されています。このGWPの値は、IPCCという世界的な機関の報告書で示されています。今回は、このIPCCとはどのような機関なのかを解説します。

1. IPCCとは

IPCCとは、国連気候変動に関する政府間パネル(Intergovernmental Panel on Climate Change)のことで、1988年に国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)の下に設立された政府間機関です。気候変化に関する最新の科学的知見についてとりまとめた報告書を作成し、各国政府の地球温暖化防止政策に、国際的に合意された科学的知見を提供することで、科学的な基礎を与えることを目的としています。

IPCCはあくまで政府間パネルであり、政策的に中立で特定の政策の提案を行わない、という科学的中立性が重視されているところに特徴があります。

 

評価報告書について

IPCCの活動の核は、評価報告書の作成にあります。世界の科学者が発表する論文や観測・予測データから、政府の推薦などで選ばれた専門家がまとめます。そこには科学的な分析のほか、社会経済への影響、気候変動を抑える対策なども盛り込まれます。5~6年ごとにその間の気候変動に関する科学研究から得られた最新の知見を評価し、評価報告書にまとめられ、公表されます。

2. IPCCの組織構成

IPCCは、IPCC総会、3つの作業部会、そしてインベントリ・タスクフォースにより構成されています。インベントリ・タスクフォースとは、各国における温室効果ガス排出量・吸収量の目録に関する計画についての運営委員会です。

IPCCの組織構成

3. 評価報告書の構成

IPCCの評価報告書は、第1作業部会(WG1)による科学的根拠、第2作業部会(WG2)による影響・適応・脆弱性、第3作業部会(WG3)による緩和策の3つの報告書と、この3つの報告書を統合した統合報告書(Synthesis Report)の全4つの報告書から構成されています。

報告書作成フローとしては、まずIPCC総会で、評価報告書の作業計画を取り決め、報告書作成のための執筆者や査読者を決定します。次に報告書の各章に通常先進国1名、途上国から1名の計2名の総括代表執筆者が指名され、総括代表執筆者のもとで代表執筆者が各章を執筆します。

報告書案ができあがると、専門家の査読者と政府によって査読が行われ、査読編集者による査読コメントの確認をします。最終案はIPCCのホームページ上で公開され、専門家のコメントも求められます。

4. これまでのIPCCによる報告書

評価報告書は1990年の第1次報告書からおよそ5~6年ごとに作成されており、2007年の第4次評価報告書はノーベル平和賞を受賞しました。直近では2013年の第5次報告書が作成されました。

  • 第1次報告書(1990年)First Assessment Report 1990(FAR)
  • 第2次報告書(1995年)Second Assessment Report: Climate Change 1995(SAR)
  • 第3次報告書(2001年)Third Assessment Report: Climate Change 2001(TAR)
  • 第4次報告書(2007年)Forth Assessment Report: Climate Change 2007(AR4)
  • 第5次報告書(2013年)Fifth Assessment Report: Climate Change 2013(AR5)

また、特別報告として1996年の「改定版1996年IPCC温室効果ガス国家目録指針」、2003年の「土地利用、土地利用変化及び林業に関する良好手法ガイダンス」、2006年の「2006年IPCC温室効果ガス国家目録指針」などもあります。

5. IPCCと地球温暖化係数(GWP)

IPCCの報告書の中には、地球温暖化係数(GWP)の値が記されています。GWPとは、二酸化炭素を基準にし、その他の温室効果ガスがどれだけ温暖化する能力があるかを表した数値のことです。GWPの計算方法については世界的に統一されたものがまだないため、値は報告書ごとに毎回変わっています。

フロン排出抑制法では基本的にすべて第4次評価報告書(AR4)の値が採用されていますが、HFO系物質はAR4にGWP値の掲載がないため、第5次評価報告書(AR5)の値が採用されています。

また、GWP値を表すときに、GWP100と記載されていることがありますが、これは地球温暖化係数の中でも100年間の累積値を利用しているという意味になります。

 

参考

全国地球温暖化防止活動推進センター「IPCC 第5次評価報告書 特設ページ/IPCCとは?

 

絞り込み

Top