受賞履歴

 

HFO冷媒採用ターボ冷凍機

GWP(地球温暖化係数)がCO2と同じ値、かつODP(オゾン層破壊係数)がゼロのHFO(ハイドロフルオロオレフィン)冷媒「R-1233zd(E)」を世界で初めて採用した、フロン排出抑制法の適用対象外となるターボ冷凍機です。

インガソール・ランド と トレイン

インガソール・ランドは、多岐にわたる産業の世界的トップ・ブランドを保有し、世界各国に合計5万8000人の社員、総売上高1兆4000億円を超える複合企業体(コングロマリット)です。トレインはそのインガソール・ランド・グループの主要ブランドであり、高効率空調・換気システムのグローバルリーダーです。

セントラバック・ターボ冷凍機

Trane® CenTraVac™(トレイン・セントラバック)ターボ冷凍機は、1938年米国ウィスコンシン州ラクロスで最初に開発されてから現在に至るまで、改良を重ね続けた歴史と多くの実績・信頼性のある ターボ冷凍機です。

「地球環境およびオゾン層保護最優秀賞」を3度受賞

セントラバック・ターボ冷凍機は、地球環境保護とオゾン層保護に最も貢献する冷凍機として、米国環境保護局(EPA)最高の栄誉とされる この賞を過去3度受賞しています。

  • 2007年 Best-of-the-Best Stratospheric Ozone Protection Award
  • 1998年 EPA Climate Protection Award
  • 1992年 EPA Stratospheric Ozone Protection Award

「トレインのEarthWise CenTraVac™ ターボ冷凍機は、産業プロセス応用、大規模オフィスビル、空港、病院などの空調に使用されている。
環境的にバランスの取れた代替冷媒を用いたこの冷凍機 は、ARI規格条件で0.48kW/トンの効率、冷媒漏れニア・ゼロの優れた性能で業界をリードしており、その性能は現在市場にある他の全製品を概して 5~20%上回っている。
さらに、15~20年前に設置された冷凍機より40~50%も高効率であり、環境的、経済的両面において極めて大きな改善の機会 を作り出していると言える。」 
- 米国環境保護局(EPA)からの引用文 -

受賞の背景

  • オゾン層保護への多大なる貢献
  • 気候変動・地球温暖化への影響を最小限に抑えることができる性能と品質
  • 環境保護への優れた技術革新
  • 冷凍機用冷媒漏洩ニア・ゼロを達成
  • 世界最高レベルの高効率と省エネ達成を 目指し、進化し続けるターボ冷凍機の性能

 

国土交通省 評価審査認定

2001年、国土交通省委託 公共建築協会によるHCFC-123冷凍機の評価審査認定。

将来のゼロODP政策が変更され、HFC-134aとともにHCFC-123も評価審査を受け、認定されています。